グラフの種類

グラフの種類についてです。

秘書検定-試験対策問題
  1. 秘書の仕事や資格・検定TOPへ
  2. > グラフ

グラフの種類

グラフの種類や特徴、作り方などです。

折れ線グラフ

数量を示す点を直線でつないだ形のグラフです。
時間の経過に伴う数量の変化を表すのに適しています。
折れ線グラフの作り方

棒グラフ

棒の長さで数量を表したグラフです。
二つ以上のものを比較するのに適しています。
棒グラフの作り方

円グラフ

全体を1つの円で表し、各部分を扇形で分けて全体で100%とするグラフです。
内訳の比率を表すのに適しています。
円グラフの作り方

帯グラフ

帯状の長方形を各部分で区切り全体で100%とするグラフです。
内訳の比率や比較、推移を表すのに適しています。
帯グラフの作り方

混合グラフ

2つの種類を組み合わせたグラフです。
通常は折れ線グラフと棒グラフを組み合わせるパターンが多いです。
混合グラフの作り方

秘書の仕事や資格・検定HOMEへ

スポンサードリンク

掲載している内容の一切の無断転用を禁止いたします
Copyright (C) 2011-2012 秘書の仕事や資格・検定‐マナーや常識の問題など‐ All Rights Reserved.