折れ線グラフ

折れ線グラフについてです。

秘書検定-試験対策問題
  1. 秘書の仕事や資格・検定TOPへ
  2. > グラフ
  3. > 折れ線グラフ

折れ線グラフとは

グラフの種類
折れ線グラフ 棒グラフ 円グラフ 帯グラフ 混合グラフ

折れ線グラフとは、数量を示す点を直線でつないだ形のグラフです。
時間の経過に伴う数量の変化を表すのに適しています。

折れ線グラフの例

以下の図は折れ線グラフの例です。
折れ線グラフ 図の例

折れ線グラフの作り方

基点(0)を書く。
・縦軸、横軸に単位を書く。
・縦軸には数量を横軸には時間の経過などを書く。
・途中を省略する場合は中断記号を書く。
・複数の場合は、わかり易いように線の種類を使い分ける。
・0以下の場合は−を書く。

秘書の仕事や資格・検定HOMEへ

スポンサードリンク

掲載している内容の一切の無断転用を禁止いたします
Copyright (C) 2011-2012 秘書の仕事や資格・検定‐マナーや常識の問題など‐ All Rights Reserved.